ナイアード発信 ~ 日々のこと ~

冷めたヘナペーストはチンしていい?

カテゴリー:ヘナ

ヘナ100% ヘナ+ハーブ

冷たくなったヘナペーストの温める方法は2つ

「冷めたヘナペーストを温めなおして使って、染まりに影響はないの?」と驚かれますがナイアードのヘナシリーズの中で赤茶系に染まる「ヘナ100%」と「ヘナ+ハーブ」は、温めなおして使っても染まりに影響はありません。
ただし、ペーストにしてから24時間以内の使用がおススメです。

冷めてしまったヘナペーストを温める方法は大きく2つあります。
1.電子レンジで温める
2.湯煎して温める

一番簡単に手頃にできるのは、「電子レンジ」での温めです。

ヘナペーストの温め方法

【 電子レンジの場合 】
まず、電子レンジで使用できる容器にヘナペーストが溶かれているのが前提条件です。
□まずはヘナペーストを600wで約30秒温めます。

温まり具合を確認しながら再度温めたり、温まりすぎて火傷しそうならスプーンでかき混ぜて少し冷ましたりとちょうど良い温度に微調整し、温めたヘナペーストでヘナ染めをします。

【 湯煎の場合 】
耐熱性の容器にヘナペーストが溶かれているのが前提条件です。
□お湯を張った鍋などにヘナペーストの容器をつけながら温めます。

ヘナのペーストが入った容器を直接火にかけず、ゆっくりとペーストを温めていきますので目を離さないように
かき混ぜながら温度を確かめ適温に温めます。

注意!温めをおすすめしない木藍シリーズ
ナイアードヘナシリーズは4種類ありますがその内の2種類、茶系と黒茶系に染まる「ヘナ+木藍」シリーズは、配合されている「木藍」への影響が考えられるため温めをおすすめしません。

ヘナ+木藍 茶系 ヘナ+木藍 黒茶系

冷めたヘナペーストの温めをおすすめしない理由は大きく2つ。

1.ヘナ+木藍シリーズの「茶系」、「黒茶系」は、お湯で溶いたら発色が始まるので、溶いたら時間をおかず髪に塗るようにしていただくのが上手く髪に色を入れるコツです。
2.茶系や黒茶系に染めるために配合している「木藍」は、60度以上の熱には弱く、発色に影響がでる可能性があります。

ヘナ+木藍シリーズは、ペーストにしたらすぐに髪に塗り使用するのがうまく染めるコツです。
実際に木藍シリーズでの温め実験やどのくらい染め色の違いが出るかなどは、まだ実験をしたことがないので今度実験をしてみようと思います。 実験結果は、ナイアードが開設しているヘナだけの特設サイト内の「実験室」でご紹介したいと思います。

ヘナだけの特設サイトはこちら
ヘナ相談室&実験室はこちら

ヘナ+木藍 茶系、黒茶系のおすすめの使い方

ヘナ+木藍シリーズを溶く際は、45度ぐらいの温かいお湯で溶いてペーストにしてお使いください。
温かさは、ヘナ+木藍シリーズを上手に染めるためには欠かせないポイントです。
溶いたら時間を置かずに髪に塗ります。
塗っている間に冷めてしまったペーストは、塗り終わった後にラップをし、その上からドライヤーで2〜3分温めるとヘナのペーストが温まり浸透や発色が良くなります。

ヘナについての詳しい情報はこちら

日々のこと

製品を選ぶ

生活を楽しむ 日々のこと イベント情報