ナイアード発信 ~ 日々のこと ~

こすり洗いはNG!肌にダメージを与えない洗顔方法②

カテゴリー:アルガン石鹸

アルガン石鹸

新聞紙一枚くらいの皮膚

どのようにして顔を洗っていますか?と聞いてみると、石鹸を手に取って、泡を立てずにゴシゴシ洗うという方がほとんどです。そんな方には、皮膚は約0、2ミリ。新聞紙一枚くらいの厚さくらいしかありませんとお伝えします。
新聞紙一枚くらい・・・というとイメージが付きやすいのか、皮膚はそんなに薄いのか・・・と驚かれます。
そんな薄いお肌を、ごしごし肌をこするように洗ってしまうと、肌を傷つけ、ダメージを与えます。ごしごしすることで摩擦がおきて、色素沈着を起こし、シミの原因になります。間違った洗顔方法が、トラブル肌にしているかもしれません。前回「ふわふわな泡で肌が見違えるようにキレイになる♪肌にダメージを与えない洗顔方法①」のブログでご案内しましたが、洗顔をするときは、しっかり泡を立てて、ふわふわな泡にしてから洗ってくださいね。

洗いすぎはNG

ニキビがたくさんあるのが気になるからと、よく洗顔するという方もいらっしゃいます。
汚れを落とすことは大切なのですが、汚れを落とすために、洗いすぎるのも実はNGです。
洗いすぎたりすると、皮脂を落としすぎて、バリア機能が落ちてしまい、乾燥肌の原因になっている可能性もあります。余分な皮脂を落とし、必要な分を残すのが美肌への近道です。

少量でふんわりしたキメ細かな泡

ナイアードのアルガン石鹸はアルガンオイルやオリーブオイルなど素材本来の良さを生かすコールド製法で手づくりした石鹸です。柔らかい石鹸なので、ネットや泡立て器につけると少量でふんわりとした滑らかでキメの細かい泡がつくれます。肌に潤いやハリを与えてくれるので、しっとりさを求める方におすすめの石鹸です。

ふんわり泡で転がすように洗う

洗顔の仕方で大切なのは皮膚をこすらずに、泡を転がすようにして洗うことです。
肌の上にふんわりとした泡をのせ、泡が肌をマッサージするように包み込むようにして洗ってください。
きめ細かな泡が、肌の奥の汚れを包み込んで落としてくれます。洗い流す時は少しぬるめのお湯で、お水を顔にかけてゴシゴシせずに洗い流してください。赤ちゃんをそっと触れるように、大切な宝物を愛しむような気持ちで洗うとお肌もきれいになりますよ。

アルガン石鹸の詳しい情報は、アルガン石鹸のページへ

日々のこと

製品を選ぶ

生活を楽しむ 日々のこと イベント情報