ナイアード発信 ~ 日々のこと ~

自分に似合うヘナの選び方

カテゴリー:ヘナ

そろそろ春本番。新学期が近づいてきましたね。
入園・入学や入社、異動など、この春から新しい生活がはじまる、
という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

人との出会いも増えるこの季節、ヘアケアにはヘナがおすすめです。
ヘナのおすすめポイントは何と言っても、自然素材で白髪を
染めることができるばかりか、トリートメント効果まであること。
ヘナを使った後は、髪のハリ・ツヤが実感できます。

私達、ナイアードのスタッフもみんなヘナが大好きで、白髪の有無に
関わらず愛用者が多いのですが、お客様にいただく質問で多いのが
「私にはどれがいいと思う?」というもの。
そこで、今回はナイアードのヘナ3種から、自分にぴったりの製品を
見つけるための上手な選び方をご紹介します。

ナイアードのヘナ3種

まず、「仕上がりのイメージ」を決めます。
明るくおしゃれな印象にしたいのか?
それとも、とにかく白髪を目立たなくしたいのか?
それを決めたうえで「白髪の量」を考えるのがポイント。
以下で、実際にどんな方にどのヘナがおすすめかご紹介します。

○明るい印象にしたい場合
「ヘナ100%」か「ヘナ+10種のハーブ」を選びましょう。
白髪の部分がオレンジ~赤褐色系に染まり、顔色も明るく見えます。
シンプルにヘナを楽しみたい方は「ヘナ100%」、髪の傷みや
くせ毛が気になる方は「ヘナ+10種のハーブ」が特におすすめです。

○白髪を目立たなくしたい場合
白髪の量や生え方によっておすすめのヘナが変わってきます。

→白髪が少な目の方はオレンジ~赤褐色系に染まる「ヘナ100%」か
「ヘナ+10種のハーブ」がおすすめです。
「えっ!?」と思われるかもしれませんが、白髪にオレンジ色が入ると、
あの白髪が「きらっ」とする感じが軽減され、驚くほど目立たなくなります。
いかにも「染めています」という感じもなく、全体に柔らかい印象に
なりますよ。

→白髪の量が多めの方、固まって生えている方は「ヘナ+木藍」が
おすすめです。
白髪が落ち着いた黒茶系に染まり、黒髪の部分とよくなじみます。
男性やお仕事の関係で明るい髪色にできない方にもおすすめです。

○こんな楽しみ方も…。ヘナの混色
オレンジ~赤褐色系では明るすぎる、けれど、黒茶系では暗すぎる…。
そんなお客様の声もよく聞きます。

そんな時は、オレンジ~赤褐色系と黒茶系の混色がおすすめです。
「ヘナ100%」か「ヘナ+10種のハーブ」と「ヘナ+木藍」の
粉を混ぜて使うと、中間色の明るい茶系に染めることができます。
水彩絵の具の混色をイメージして、お好みの色合いを見つけるのも
楽しいですよ。

※ブレンドして使う際は、ヘナ+木藍の取扱説明書に従って
お使いください。
※もともとの髪色によって染まる色が変わるので、まず、
「ヘナ100%」または「ヘナ+10種のハーブ」:「ヘナ+木藍」を
1:1の比率で混ぜてみて、それをベースにお好みの色を見つけてください。

いかがでしたか?
是非、お気に入りのヘナを見つけて、自然素材のヘアケアを
楽しんでくださいね。

——

ヘナの詳細はこちら

日々のこと

製品を選ぶ

生活を楽しむ 日々のこと イベント情報