ナイアード発信 ~ 日々のこと ~

ヘナシリーズを混ぜて使う

カテゴリー:ヘナ

混ぜて使う

ナイアードのヘナは4種類。
「ヘナ100%」と「ヘナ+ハーブ」は白髪をオレンジ色に染め、「ヘナ+木藍(茶系)」は白髪を茶系「ヘナ+木藍(黒茶系)」は、白髪を黒茶色に染めます。

全ての商品が混ぜて使うことができますが、混ぜて使うことでどんな染めあがりになるか、混ぜる商品によってどんな効果があるかを悩み別に紹介します。

白髪を好みのブラウン系に染めたい

「ヘナ+木藍(茶系)」はありますが、染め上がり、「ヘナ100%」と「ヘナ+木藍(黒茶系)」を1:1混ぜるイメージです。
「ヘナ100%」と「ヘナ+木藍(黒茶系)」の比率を変えることで、お好みのブラウン系に染められます。
仕上がりをライトブラウンにしたい場合は、「ヘナ100%」の割合を多めに、
逆に、仕上がりを濃いブラウン系にしたい場合は、「ヘナ+木藍(黒茶系)」の割合を多めにします。

染めた後の髪に艶がほしい

白髪が気になりはじめの年齢では、髪のなめらかさや艶が以前よりなくなってきたなと思うこともあります。

染めた後の髪に艶がほしい

白髪が気になりはじめの年齢では、髪のなめらかさや艶が以前よりなくなってきたなと思うこともあります。

そんな時は、白髪染めをしつつも髪に艶を取り戻すために「ヘナ+ハーブ」を「ヘナ+木藍(黒茶系)」に混ぜて使うことをおすすめします。

「ヘナ+木藍(黒茶系)」は、白髪を黒茶色に染めるために木藍(インディゴ)が多めに配合されています。ヘナの割合は少なくなるため少し艶消しの(マットな)仕上がりになります。

「ヘナ+ハーブ」は、白髪を赤茶色に染めますが、7種類のハーブが髪へのトリートメント効果を高めるため、「ヘナ+木藍(黒茶系)」と混ぜて使うと仕上がりの色はブラウンになり、なめらかで艶のある仕上がりになります。
髪が全体的に柔らかい仕上がりになるので、ヘナ染めによる収れん効果でごわごわするのが苦手な方にもおすすめです。

染めた後の髪にコシ、ボリュームがほしい

髪の悩みが、コシがない、ペタンとなってしまうのでボリュームが欲しい場合は「ヘナ100%」を「ヘナ+木藍(黒茶系)」に混ぜて使うことをおすすめします。

ヘナのもつ収れん効果で髪にしっかりとコシが出て、ボリュームのあるふんわりした仕上がりになります。

混ぜて使うことで、もっとヘナのおしゃれを楽しんでみませんか。

混ぜて使う場合の染め方はこちら
※ ページ上部のタブ「混ぜて使う」をご覧ください。

日々のこと

製品を選ぶ

生活を楽しむ 日々のこと イベント情報