ナイアード発信 ~ 日々のこと ~

シミは嫌!ガスールでお手入れ~日焼け後の対処方法~

カテゴリー:ガスール

ガスールパック

うっかり浴びてしまった紫外線対策に

日焼け止めクリームを塗ったけど日焼けした・・日焼け対策をせずに外に出てしまい日焼けしてしまった・・・などあるかと思います。紫外線を浴びると肌を守るためにメラノサイトに信号が送られ、シミの元となるメラニンを生成します。そのような理由から、紫外線を浴びるとシミができてしまう!と焦る方もいらっしゃるかと思います。
日焼け後の肌は赤くなり、熱を帯びていますので、熱をとり、まずは炎症を抑えることが大切です。
紫外線を浴びてしまった後は、ナイアードのガスールを使ってお手入れしませんか?

ガスールでお手入れ

お顔をガスールでお手入れする場合、10gのガスールに15mlのお水を入れます。
全身日焼けをしてしまった場合ガスールを20gご用意ください。その際は、40mlのお水で溶かしていきます。溶かす際はしばらく
日焼けでほてった赤みを帯びた肌に、水で溶かしたガスールを顔や身体にたっぷり、厚めにつけていきます。
このとき、冷やしたカモミールやカレンデュラ・バラ・ハイビスカス・ローズヒップなどのハーブティー等で溶かすととても気持ちいいですよ。

日焼けしたお肌に優しく働きかけてくれる

ガスールはマグネシウムが豊富なので、熱を帯びた肌に吸着し、日焼けした肌に優しく働きかけてくれます。 
炎症によるかゆみなども吸着してくれますよ。ガスールはカルシウムも豊富なので、ダメージを受けた肌の生成をしてくれます。ガスールでお手入れした後は、たっぷりの化粧水で保湿してくださいね。
不用意に紫外線を浴びてしまっても、大丈夫!ガスールでしっかりお手入れしてくださいね。

ガスールの詳しい情報は、ガスールのページへ

ガスールの使い方アレンジは、生活を楽しむ「ガスール」のページへ

日々のこと

製品を選ぶ

生活を楽しむ 日々のこと イベント情報