ナイアード発信 ~ 日々のこと ~

ヘナ白髪染めのやり方とコツ ~ 初心者さんでも染め上手に ~  

カテゴリー:ヘナ

ナイアード ヘナ 100g

今日は初心に戻って、初めてヘナを使われる方にヘナの白髪染めのやり方のコツやポイントをお伝えしたいと思います。

ヘナは、植物100%で白髪染めできるだけでなく、使うほどにヘナのトリートメント効果でツヤやハリを与え、髪を健やかにしてくれます。使い方では、ヘナのペーストは頭皮から塗っていただけるので一番染めたい根元をしっかり染められ、頭皮の余分な皮脂や汚れも同時に落としてくれます。毎日使用しても髪や頭皮を傷めることのないヘナは気になる時にいつでも部分染めなど、手軽に使うことができ、ご自身で使用する白髪染めとしても使いやすいのが特徴です。

ヘナ染めで準備するもの

自宅にあるもので染められます。
特に迷うのはヘナを溶くための道具のようですが、植物100%のヘナは、溶くのに使う器やスプーンは台所用品と兼用で問題ありません。タオルは汚れても良いものをおすすめしますが、使い終わった時にタオルにヘナのペーストがついていたら簡単に手洗いすれば他のものと一緒に洗濯機で洗っていただいて問題ありません。

ヘナ染め 必要なもの

ヘナの粉の使用目安とお湯の量

初めての方は特にたっぷりのヘナを使い、しっかりと頭皮から塗ることがきれいに染め上げるコツです。
取扱説明書にヘナの粉の使用目安とお湯の量の記載がありますが、下記の【ステップ2】で詳しくご紹介しますのでぜひ参考にしてください。

ヘナのやり方とコツ

 
◆ステップ1 : お湯で髪を濡らし、タオルドライしたらヘナ染め開始!

「お湯のみ」で軽く髪全体を濡らし、タオルドライしてください。
お湯で髪を濡らすことで髪の外側を覆う、うろこ状のキューティクルが開き、ヘナの成分が浸透しやすくなります。髪の主成分のケラチンタンパク質にヘナの成分が絡みつき白髪に色をつけます。

ヘナ お湯で濡らす

◆ステップ2 : ペーストづくり
ヘナの粉とお湯の目安量です。
【 ※コツ 】 初めての方は、目安より20gほど多めに使うと染め残しや色ムラがなくきれいに染まります。

赤茶系に染まる「ヘナ100%」と「ヘナ+ハーブ」、茶系や黒茶系に染まる「ヘナ+木藍」シリーズでは、配合している植物が違うのでお湯の分量が変わります。お湯の量は下の表を目安に溶いてください。

ヘナ ペーストづくり

◆ステップ3 : ヘナペーストを塗る
手袋をした手でペーストを塗ります。
【 ※コツ 】 初めに白髪が気になる部分から塗り始めます。

ヘナのペーストを「頭皮」からたっぷり「根元」からしっかり塗り、気になる生え際の白髪にヘナのペーストを塗ってください。頭皮から塗ることができるヘナは、手の動きに制限がないのでシャンプーをするように頭皮から揉み込むように全体に塗りましょう。

ヘナ 手で塗る

◆ステップ4 : 保温して40分待つ
ヘナのペーストを塗り終わったら、ラップで髪を覆い、ヘナのペーストと髪の密着度を高め、ペーストが乾燥するのを防ぎます。塗ったペーストが冷めていると感じたらぜひ、ラップの上からドライヤーを数分かけて温めてから、保温性のあるキャップや毛糸帽子などをかぶって保温した状態で40分待ちます。

ヘナ 保温して待つ

◆ステップ5 : 洗い流す
ヘナのペーストをお湯でよく洗い流します。
【 ※コツ 】1日目だけはお湯のみで洗って終了したほうが、色の定着を良くするのでおすすめです。

2日目から普段使用しているシャンプーやコンディショナーを使用していただいても大丈夫ですが、染めた当日のみは「お湯のみ」での洗い流しをおすすめいたします。

ヘナ 洗い流す シャンプー

やはり一番初めは、自分でヘナ染めをするのはハードルが高いように感じるかもしれませんが、やっていただければ髪染めの中でも一番と言っていいほど簡単です!ヘナは使用後の髪へのトリートメント効果も感じられ、今まで抱いていた髪染めのイメージを変えてくれるはずです。
ぜひ、ヘナのある新髪活生活をスタートしてみてください♪

ヘナのやり方に不安のある方はぜひお電話でもご相談ください!
ヘナを普段から使っているスタッフがお答えします。
TEL:042−552−8960
※受付:平日(月〜金) 午前9:30〜12:00 / 午後13:30~16:30

【 動画 】 ヘナ簡単自分染め(7:52) 
ヘナを初めて使う方へ 
ヘナQ&A 
ナイアード公式サイト 
ナイアード ヘナシリーズ 

製品を選ぶ

生活を楽しむ 日々のこと イベント情報