ヘナ+木藍~素材~

木藍の葉

日本人の黒髪に近い自然な色に染めるハーブ・木藍

木藍(もくらん)は、マメ科コマツナギ属の植物で、原産はインドまたは東南アジアと言われています。学名をIndigofera tinctoria L.といい、キアイ、ナンバンアイとも呼ばれています。
藍を染めるのに用いられる植物はマメ科の木藍の他にもタデ藍など幾つかの種類がありますが、中でも木藍はヘナ同様、人との関わりが長い植物で、アジア全域、アフリカや南米と広い地域で育てられ、インドでは医療品の原料や藍染めなどとして使用されてきた歴史があります。
インドの藍はローマ時代からヨーロッパの人々に珍重され、日本でも江戸時代には色素含有量の多い木藍が輸入されましたが、化学染料が主流の今では生産量も減少傾向にあります。

木藍が染まる仕組み

木藍の葉には無色・水溶性の「インジカン」という物質と「酵素」が含まれています。これを水に溶かすと酵素の働きで「インジカン」が水溶性・無色の「インドキシル」に変化します。最後に、インドキシルが酸素に触れることで酸化して、非水溶性・藍色の「インディゴ」に変わります。ここで、はじめて私達になじみのある「藍色」になるのです。インディゴへの変化はゆっくりと進み、発色し切るまでに1~3日間かかります。「ヘナ+木藍」では、インドキシルの状態でヘナとともに髪に浸透させ、髪の上で酸化、発色の過程を行うことで、ヘナの赤みを抑え、落ち着いた色に染め上げます。

「使い方」について読む
ヘナシリーズ ラインナップ
ページの上部へ