ヘナ~使い方~

※ご使用の際は、製品に入っている取扱説明書をよく読み、正しくお使いください。

染める前に・・・

  • 使用3日前にパッチテストを行ってください。
    ※パッチテスト用ヘナを無料配布いたします。お申込みはこちら
  • 汚れても良い服に着替えます。
  • 汚れが気になる床や壁は新聞紙などでカバーしておきます。

用意するもの

  1. ヘナパウダー
  2. お湯(45℃くらい)
  3. ボウル
  4. スプーン
  5. 手袋
  6. 乾いたタオル
  7. ティッシュ(3㎝幅に切っておく)
  8. ラップ
  9. ドライヤー
  10. 保温性のあるキャップまたはタオル等

髪の長さと分量の目安

ヘナ100%(赤茶系/ボリューム感)ヘナ+ハーブ(赤茶系/さらさら)

 ヘナパウダー
(目安量)
お湯
(45℃くらい)
ショート30~50g90~150㏄
セミロング50g~150㏄~
ロング100g~300㏄~
部分染め適量適量

ヘナ+木藍 茶系 ヘナ+木藍 黒茶系

 ヘナパウダー
(目安量)
お湯
(45℃くらい)
ショート30~50g110~180㏄
セミロング50g~180㏄~
ロング100g~360㏄~
部分染め適量適量

※髪の長さに合わせて粉の量を調節してください。髪が隠れるぐらいたっぷり塗ると染まりが良いです。
※髪を濡らすことでキューティクルが開き色の入りが良くなります。
※初めての方、髪の量が多い方は、パウダーを目安量より20g増やし、ペーストをたっぷり使用すると、
 塗り残しもなくきれいな染め上がりになります。
※ペーストが固すぎたり、柔らかい場合はお湯やパウダーを足してマヨネーズ程の固さに調整してください。

染め方

1.洗髪
※整髪料などがついていない素髪の方が色の入りが良いです。
※肌に色がついても数日で落ちます。
  • 染め工程(濡らす)
    お湯で髪をぬらし、水気を軽く拭きます。
  • 使用前に髪の生え際などにクリームを厚めに塗ると、肌への色移りを避けられます。
2.ペーストづくり
  • 染め工程(溶かす2)
    お湯(45℃くらい)でマヨネーズ程の固さのペーストを作ります。
  • 塗る直前にペーストを作ってください。配合の木藍は、お湯に溶くとすぐに発色し始め、1時間程度で発色が終わります。
3.塗る
※生え際など、白髪が特に気になる部分から塗り始めると塗り残しがなく、きれいに染まります。
  • 染め工程(ペーストを塗る)
    髪を少しずつ取りペーストを地肌から手袋をした手でたっぷり塗ります。
  • ペーストを塗った髪を頭頂部にまとめます。
  • 染め工程(ペーストを塗る2)
    同じ要領で髪全体にペーストを塗ります。
    塗り終わったら地肌全体をもみ込みなじませます。
  • 染め工程(ティッシュで抑える)
    生え際やこめかみなど白髪の気になる所はたっぷりペーストを塗りティッシュで押さえます。 (ペーストを髪になじませ、染まりやすくするためです)
4.保温して40分待つ
  • 染め工程(ラップを巻く)
    ヘナを塗った髪の上にラップをぴったり巻き乾燥や液だれを防ぎます。
  • 染め工程(温める)
    ラップの上からドライヤーなどで2~3分温めます。
  • 染め工程(温める2)
    ラップの上から保温性の高いキャップをかぶり、40分待ちます。
5.洗い流す
※温かいお部屋でお過ごしください。寒い時期は、室温が低いと色が入りづらくなります。
※洗髪後、徐々に色みが落ち着きます。
※染めた後、2~3日は、お湯のみで洗髪したほうが色持ちが良くなりおすすめです。
  • 染め工程(洗い流す)
    ペーストをよく洗い流し、シャンプーまたはお湯のみで洗髪し終了です。
  • 洗い流した直後は、緑色や薄茶に見えることがありますが、空気に触れ1~3日で落ち着いた色に変化します。
    髪が濡れた状態が長いほど発色が進むため、ドライヤーは使わず自然乾燥がおすすめです。
「Q&A」について読む
ページの上部へ