ナイアード発信 ~ 日々のこと ~

夏のヘアケア

カテゴリー:アルガンオイルヘナ朝摘みばら水

夏のヘアケア
連日35.0℃越えの猛暑日が続き、強い日差しで肌も髪にダメージを受けていたり、
頭皮のべたつきに悩む方も多いのではないでしょうか。

今回は、ヘナをはじめナイアード製品を使って、気持ちよく
夏のダメージヘアをケアする方法をご紹介します。

1.「アルガンオイル」で疲れた頭皮のマッサージ
暑さと紫外線で思っているより髪も頭皮も疲れているはず。
洗髪前にアルガンオイルでマッサージすることで、
汚れを浮かし頭皮の血行もよくなるため、洗髪後、髪も頭皮もすっきりします。

アルガンオイルの頭皮マッサージ 詳しくはこちら

2.「ヘナ」のトリートメントで艶やかな髪に
紫外線でダメージを受けた髪は乾燥して、髪表面のキューティクルも開きがち。
そんな時は、「ヘナ」を使った10分トリートメントがおすすめです。
ヘナには髪の水分量を整えるはたらき、収れん作用があるので、
開きがちなキューティクルをなめらかにします。

特に「ヘナ+10種のハーブ」には、
インドで昔から髪に良いと言われているこだわりの10種のハーブが配合されているため
より髪を健やかに保ち、また頭皮の汚れをさっぱり落としてくれます。
たった10分でも髪の艶や頭皮のすっきり感を実感できるので、
この時期のヘアケアにおすすめです。

ヘナトリートメント 詳しくはこちら

3.「朝摘みばら水」でさらさらの髪に
洗髪後のタオルドライした髪に、朝摘みばら水を数プッシュ、
その後にドライヤーをかけるとさらさらの仕上がりに。
また、洗髪やトリートメントの後に限らず、
日中でも髪に朝摘みばら水をヘアウォーターとして
2、3プッシュすると、強い日差しで乾燥した髪に水分を補給することで
髪もまとまります。また、薔薇の香りでリフレッシュできますよ。

週末やお盆休みに、お家でゆっくりできる時や日中暑くて外に出たくない時、
水浴びをかねたヘアケアで、髪を整えてみてはいかがでしょうか。

日々のこと

製品を選ぶ

生活を楽しむ 日々のこと イベント情報