ナイアード発信 ~ 日々のこと ~

ガスールでつくる夏のタルカムパウダー

カテゴリー:ガスール

ガスール_タルカムパウダー

梅雨の合間の晴れの日は、いつもあれもこれもと
欲張りな行動になってしまいます。
そんな時は、梅雨とはいえ夏のような日差しの中、気がつくと汗がじんわり。
べたつく汗を何とかしたいと思う時に、
ガスール粉末をタルカムパウダーとして使用する方法があります。

[ガスール粉末を使ったタルカムパウダー]
つくり方の材料と分量の目安は、
コーンスターチ 40~50g : ガスール粉末 10g
の割合をボウルに入れ混ぜ合わせるだけです。
粉末どうしなので、茶こしでふるえば完成です。
(※分量は目安です。お好みで調整ください。)

薄く付けたタルカムパウダーが皮脂の余分な水分を抑えながら
肌の水分量を調整します。気になる汗の匂いも少し抑えられさっぱりします。
抹茶の粉小さじ1/2ほど混ぜても香りがよくなり気持ちが良いですよ。

使い方は、指先又は化粧用パフで軽くはたくように付けてください。
多く汗が出ている場合は、一度軽くハンカチやタオルでふき取ってから
粉をつけてくださいね。

ガスールそのままの使い方、コーンスターチを混ぜた使い方、どちらも多く付け過ぎると
肌のうえで粉が固まった状態(よりのような状態)になりますので
薄く付けることがポイントです。

子どもの首すじや肘の内がわ、膝の裏がわなど汗をかきやすい部分にもお試しください。
これで汗ばむ肌もさらっと快適に・・。
これから暑くなる季節、ぜひお試しくださいね。

ガスールの手づくりタルカムパウダー、レシピの案内はこちら

* コーンスターチを使用します。食物アレルギーなどお持ちの方は、ご注意ください。
* 多く付けすぎると衣類が汚れる場合がありますので、つけ過ぎにご注意ください。
* 保存する時は、密閉した瓶など湿気を避け保管ください。

日々のこと

製品を選ぶ

生活を楽しむ 日々のこと イベント情報