ナイアード発信 ~ 日々のこと ~

私がガスールを使いはじめたきっかけ

カテゴリー:ガスール

ガスール

これから不定期に、数回にわたりナイアードのスタッフがガスールをはじめて使ったきっかけを紹介したいと思います。第一回は、比田井が担当します。

記憶の糸をたどり、ガスールの色々なことを思い出し懐かしさに浸ってしまうことしばしば。今では私の日常生活の中に普通に存在する「ガスール」ですが、はじめての出会いは私にとってそれはそれは衝撃的なものでした。

入社してまもなく、休憩時間に「これちょっと顔に使ってみて」とガスールを溶かしたものを手渡されました。その当時の私は、全く化粧からは縁遠く、また、自然素材を使う家庭で育ったということもあり、ガスールの「泥?」と思わせるその見た目にもあまり躊躇することなく言われるがまま、会社の洗面台の前で顔に塗って使ってみました。

固形溶かす_1

固形溶かす_2

ガスールでフェイスパック

今でも鮮明に、強烈に記憶しているのは、洗い流した後の「うるおい感」、使用後の肌のうるおいに思わず「何これ?!」と聞いたのを思い出します。洗い流した後、頬を手で押さえた際に感じる、何ともいえないみずみずしい感触に驚き、信じられずに2~3回続けてガスールで洗顔をしたのを思い出します。

なんでこんな見た目に「泥」にしか見えないものがこんなにうるおいを与えるの?何があるの?と不思議でしょうがありませんでした。

その後、ガスールについては
「泥ではなく、粘土であること」
「何億年も前の地層からガスールの原石が採掘されること」
「モロッコでしか採れないこと」
「鉱物でマグネシウム等のミネラルが豊富なこと」等々色々なレクチャーがありましたが、とにかく百聞は一見に如かず、もとい、使ったらわかる!という衝撃的な出会いでした。
この日から私の生活の中に「ガスール」があります。

ガスールは、粘土の吸着力で皮脂等の汚れを優しく吸い寄せきれいに洗浄するため、溶いたペーストを肌に乗せてなじませるだけでしっかり汚れを落とし、ミネラルがしっとりなめらかに肌を整えるので、生産国のモロッコでは石鹸のように日常使いされています。

個人的には、ガスールの良さをまずは洗顔やパック、フェイスケアで実感していただきたいです。
その他にも色々な使い方で小さなお子さんから家族みんなで使えます。汗を多くかくこれからの季節、ぜひガスールで潤いのある、疲れしらずの肌でお過ごしください!
(比田井)

ガスール鉱山
写真:ガスール原石

ガスールについて詳しくはこちら
ガスールの色々な使い方はこちら

日々のこと

製品を選ぶ

生活を楽しむ 日々のこと イベント情報