ナイアード発信 ~ 日々のこと ~

アルガンクリームで乾燥の時期のナイトケア

カテゴリー:アルガンクリーム

ナイアード アルガンクリーム

近くの公園の紅葉を楽しもうと散歩に出かけましたが、身体が冷えてしまったので帰宅後ホットワインをつくりました。
小さなミルクパンにワイン、干し葡萄、チャツネ、蜂蜜、レモン、少々のシナモンを入れ、火で少し温めると出来上がり。寒くなって来る時期には寒さを言い訳にいつもホットワインをつくりますが、安いワインでも楽しめる冬の贅沢の一つです。

真冬ではないこの時期は、まだ頬にあたる北風もぴりりとして気持ちが良いですが油断してそのまま放っておくと大変なことに。翌朝化粧をした時にはファンデーションが乗らず、皮膚が粉をふいた状態になってしまいその時に慌てて保湿を試みてもあとの祭りです。
乾燥の季節が始まると、保湿クリームでのナイトケアはかかせません。

夜の洗顔の後には、まず朝摘みばら水(化粧水)で肌を引き締め、アルガンオイルで気になる部分を重点保湿。
乾燥が特に気になる部分にオイルを十分馴染ませたら、その後はアルガンクリームを手の平で温めながら顔全体に馴染ませます。
オイルが肌に浸透し、ミツロウの働きが肌を乾燥から防ぎますので、これで保湿対策は万全です。

アルガンクリームを使ったフェイスケア 
アルガンクリームを馴染ませる時には、顎の辺りからこめかみにかけて、または、鼻辺りからこめかみ方向の頬骨のラインに沿って、優しく圧をかけながら指や指の節を使ってマッサージします。
そうするとリンパの流れも良くなり、血行や代謝も促進されむくみも取れやすくなります。

アルガンクリームを使用したフットケア
お風呂上がりに、かかと、膝、ふくろはぎなど脚の保湿ケアにもアルガンクリームが効果的です。
子供が脚の成長痛を訴えてきた時には、このアルガンクリームの出番。
やはり、リンパの流れに沿ってかかと/くるぶし付近から膝あたりの方向に向かってふくろはぎを優しくマッサージしてあげると安心するのか、気持ち良さそうにしそのまま眠ってしまいます。

必要に迫られながらも子供や自分のための肌ケアの時間は、日々の生活が忙しければ忙しいほど、リセット出来る大切な時間になっているような気がします。

皆さんも、この季節の乾燥対策にご褒美時間をつくってあげてみてくださいね。
(太田)

日々のこと

製品を選ぶ

生活を楽しむ 日々のこと イベント情報