ナイアード発信 ~ 日々のこと ~

ハミハル・ユーティ・パリワール・ホ

カテゴリー:日々のこと

先日、ネパールへ出張に行ってきました。
今回は製品や使い方ではなく、製造現地であるネパールを紹介します。

はなのいえ

はなのいえから見たヒマラヤ

ナイアードの製造拠点は、ネパール中央部にあるポカラという街から約17kmの位置にある村・アスタムの、パーマカルチャー農場が併設された宿泊施設「はなのいえ」。

「はなのいえ」は壮大なアンナプルナ連峰を望む事の出来る丘にあり、晴れた日には見渡す限りヒマラヤの山々という景色を楽しむことができます。

今回の滞在中に一番心に残った光景は、少しもやのかかった曇り空の日の朝。
霧がふもとの景色を包み隠すように広がり、霧の隙間から山の頂だけが青空に浮かび上がる光景を目にする事が出来ました。
霧の向こうに隠れてはっきり見えないのに、快晴の日よりも確かにそこにあるような存在感。
その勇壮な姿にはただただ圧倒されるばかりでした。

ナイアードネパールのスタッフたち

はなのいえのスタッフたち

ナイアード製品の製造に携わるスタッフは、普段は「はなのいえ」で働いています。

宿泊客をもてなすスタッフ・毎日美味しい料理をふるまってくれるスタッフ・農作物や水牛の世話をするスタッフ。
彼らがお客様や食材・農作物に向ける細やかな気配りや心遣いはナイアードのものづくりに反映されています。

製品を作りやすいように部屋を暖めたり、よりよい製品になるように試行錯誤を繰り返したり、素材の状態を毎日細かくチェックしたり。
そのものづくりに向き合う姿勢と技術は敬意を払うべきもの・見習うべきものが多くあります。

ハミハル・ユーティ・パリワール・ホ

ハミハル・ユーティ・パリワール・ホ

今回の出張は長期間だったため、ネパールスタッフと言葉を交わし合い、寝食を共にし、たくさんの時間を過ごして、製造以外にも色々なことを体験しました。

仕事が終わった日の夜にはネパールのお酒ロキシを一緒に飲みました。
ネパールの太鼓マーダルを叩きながら、歌を歌って踊りました。
そして、ネパールの言葉を教わりました。

今回教わった言葉の一つが、ブログのタイトル「ハミハル・ユーティ・パリワール・ホ」。

「私たちは家族も同然だ」という意味のネパール語で、ネパールの製造責任者のスタッフがよく私たちに言ってくれる言葉です。

私達が製品を皆さんにお届けすることができるのは、スタッフたちが製品を作ってくれているからです。
同じように、私たちがネパールの製品を日本に紹介してくれるから彼らも製造ができると言ってくれています。
この関係性を維持するためには共に製品を作る事を通して得られる家族のような絆が必要不可欠です。

これからもものづくりを通して彼らとの絆を深めながら、よりよい製品を皆さんに届けていけるように努めますので、ネパールから届く製品を一度手に取ってもらえれば幸いです。
(矢口)

はなのいえの詳しい情報は、はなのいえのHPをご覧ください。

日々のこと

製品を選ぶ

生活を楽しむ 日々のこと イベント情報