ナイアード発信 ~ 日々のこと ~

おすすめ!ヘナ+ガスールの使い心地

カテゴリー:ガスールヘナ

連日の猛暑、この暑さで疲れやすく、体がいつもと違うと感じている方も
多いと思います。

強い日差しにさらされ、疲れ気味なのは体だけでなく、髪も同じ。

傷んだ髪のケアには、ヘナ+10種のハーブを愛用しているスタッフが多いのですが、
今回は、先日モロッコに出張したスタッフが現地の使い方として教えてくれた
ヘナにガスールを混ぜるレシピで使ってみました。
使い心地がとてもよかったので、紹介します。

今回のレシピは、ヘナ+10種のハーブ約50gにガスール粉末約10g(小さじ2)
を混ぜ合わせ、マヨネーズ状にお湯で溶き、頭皮から髪に塗って1時間
待ちます。

ヘナ+ガスール

塗りやすさ、洗い流しやすさの使い心地に感動!!
そして、ヘナの「におい」が少しなくなりました。植物本来の香りで私自身
好きな香りですが、好き嫌いがあるので、汗ばむこの季節には、
においが控えめになるのもうれしいですね。

このレシピは、お気に入りの使い方の1つになりました。

モロッコで産出する粘土のガスールは、昔から現地では洗髪や洗顔、全身の洗浄に
と石鹸のように使われ、愛されてきた粘土です。
ヘナとガスールを混ぜるレシピは、単純に使い心地が良くなるというだけでなく
その土地の気候、また理にかなった使い方だったのではないかと思います。

ヘナは、実は髪を染めるだけでなく、髪にツヤ、ハリを与えるトリートメント
としても愛用され、強い日差しで傷んだ髪をケアします。
ナイアードのヘナの産地、インドなどでは身体の熱を取りクールダウンさせる
目的で使われることもあり、日射しが強く、40℃近くになるモロッコでも
同様の目的で使われたのではないかと感じます。

ガスールは、粘土の吸着力で頭皮の汚れを落としさっぱりとさせ、粘土に含まれる
ミネラルで髪に潤いを与えます。

ヘナとガスール、それぞれのメリットを同時に髪に与え、美しい髪を保つために、
身近にあるものでモロッコの女性が生み出したレシピなのではと感じました。

ナイアードの製品を組み合わせた新しい使い方や、現地ならではの使い方を
これからも紹介していけたらと思います。
今回のレシピは、ヘナ100%、ヘナ+木藍でも同じように使っていただけます。
是非、皆さんも試してみてください。

ガスールの詳細はこちら

日々のこと

製品を選ぶ

生活を楽しむ 日々のこと イベント情報