ナイアード発信 ~ 日々のこと ~

ヘナで白髪染めを続けるとどうなる???

カテゴリー:ヘナ

「ヘアカラーやヘアマニキュアを使い続けるうちに髪が傷んでしまった」「最近薄毛が気になる」「化学染料でかゆみがありつらい」などの理由から、ヘアカラーやヘアマニキュアを卒業し、ヘナで白髪を染めてみたいというお電話を多くいただきます。
しかし、「頭皮や髪に優しいというけれど本当なの?」「しっかり染まるの?」「ヘナって体に悪いものじゃない?」「ヘナを使い続けると髪はどう変化していくの?」などの疑問があるようです。

今日はヘナ染めについてのメリット・デメリットをお話していきたいと思います。
ヘアカラーやヘアマニキュアをされていない方で、これからヘナ染めを始めてみたい方にも参考にしていただける内容ですので、ぜひご覧ください。

髪に優しいヘナ

ヘナのメリットは頭皮に優しい白髪染めであることです。
ヘアカラーやヘアマニキュアは髪の根元や頭皮につけることができませんが、ヘナは植物だけでできているのでアレルギーさえなければ皮膚につけても問題ありません。ヘナには頭皮の汚れを洗浄する作用もあるので、使い続けることで頭皮の状態が改善され髪の状態を良くしてくれます。髪や地肌を傷めずに染められ、髪の状態を良くする自然素材のヘナは、安心して使えることが一番のメリットといえます。

では、デメリットは何でしょうか?
ヘナには脱色効果がないため、化学染料の入ったヘアカラーやヘアマニキュアのように黒髪の色を変えることができません。ヘナは赤色色素のローソンが毛髪内のケラチン(タンパク質)に絡みついて染まります。染め上がりのイメージとしては、今の髪色の上にヘナの色が重なるため、色の変化がみられるのは白髪です。
ローソンという色素は白髪を赤茶系に染めるため、白髪の多い方がヘナだけで染めると赤茶色に染まります。藍を加えることにより、自然な黒に近い色に染めることができますが、真っ黒にはなりません。

化学染料で脱色しながら染色するヘアマニキュアやヘアカラーと違って、髪全体を好きな色に染められないというのはヘナのデメリットといえます。

ヘナ後のきしみは髪が元気になる準備段階

ヘアカラーやヘアマニキュア、パーマなどで傷んだ髪はキューティクルが損傷していますが、ヘナはトリートメント効果も高く、髪の毛に艶やハリやコシを与え、キューティクルを引き締め元気な髪にしてくれるというメリットがあります。

ヘナはキューティクルを形成するタンパク質を変性させ、きゅっと引き締める効果(収れん作用)があります。
特に、髪が傷んでいると、きしみやごわつきを感じやすい傾向があります。この収れん作用を「髪が傷んだのではないか?」と心配される方もいらっしゃいますが、髪が傷んだわけではありません。何回か使用するうちに、キューティクルが引き締まり、健康な髪になるため、きしみやごわつきも感じなくなります。
収れん作用によるきしみをデメリットと感じるか、傷んだ髪を修復もしてくれる素晴らしい作用をメリットと感じるかはその方次第ともいえます。

ヘナを使い続けると髪がどう変化する?

髪艶

さて、ヘナを使い続けると髪はどうなっていくでしょうか?

収れん作用によるきしみはヘナを使用していくうちに感じなくなります。早い方だとヘナで髪を一度染めただけで、髪に艶やハリ、コシを感じ、ヘナのトリートメント効果を実感されるようになります。月に2度ヘナ染めをしている60代のスタッフは先日、なんと妊婦に間違われました。髪がきれいだと、年齢も感じさせないのかもしれません。

こめかみや前髪などの白髪はキューティクルがしっかりしているため、染まりにくく、「色が入っていない」「染まっていない!」と思われる方もいらっしゃいますが、ヘナを使い続けることで色が重なって濃い色になりますし、ポイントを押さえながら染めると綺麗に染まりますのでご安心ください。

ヘナを使い続けることで、髪のキューティクルが引き締まり、髪の損傷をなくし、艶やハリ、コシを与え、使えば使うほど髪が丈夫になっていきます。
身体にも環境にも負担のかからないヘナは素晴らしい天然の染毛料だと思います。
髪全体を好きな色に染められないことや、使い始めたばかりの頃は上手く染められなかったりすることをデメリットと感じられる方もいらっしゃいますが、ヘナを使い続けるうちに綺麗に染められるようになりますし、艷やかでハリのある髪に変化していくことを楽しみながら、ぜひ一度ヘナ染めをしていただけたらと思います。

●初めての方はヘナ専用サイトをご覧ください
ナイアードヘナシリーズについて

製品を選ぶ

生活を楽しむ 日々のこと イベント情報