ナイアード発信 ~ 日々のこと ~

暑い夏のスキンケア

カテゴリー:アルガンクリームガスール朝摘みばら水

立秋が過ぎ、暦は秋に近づいていますがまだまだ暑い日が続きますね。

この時期の肌は、汗をかくことにより汗腺が開きがちになり、
冬場ほど肌の乾燥を感じないまでも、紫外線や冷房により乾燥しています。

そんな時は、灼熱の太陽の中でも美しい肌を保っている人の多い、
モロッコの女性達に習い、モロカンスキンケアで肌をいたわりましょう。

使うのは、「ガスール」「朝摘みばら水」「アルガンクリーム」の3アイテム。
モロッコの豊かな自然の恵みを活かしたスキンケアができます。
単品でももちろんお使いいただけるのですが、組み合わせて使うことで
相乗効果が生まれます。

ガスール、アルガン石鹸、朝摘みばら水、アルガンクリーム

まず、「ガスール」で洗顔。
粘土の吸着力で肌の汚れや余分な皮脂を取り除きます。

しっかり汚れを落とした肌は、さっぱりした使い心地の「朝摘みばら水」が
浸透しやすくなります。
シュッとたっぷり吹きかけたら、手のひらで優しく抑え、肌の奥まで潤わせます。 
薔薇が持つおだやかな収れん効果が、汗をかいて開いた汗腺を優しくひきしめ、
紫外線や冷房の風で疲れた肌を癒してくれます。

たっぷりの水分で、肌の表面の角質層が柔らかくなったところで、
栄養たっぷりのアルガンオイルとミツロウだけでできた
「アルガンクリーム」をのせ、優しくマッサージ。
ビタミンEや微量成分が、肌を整えてくれます。
ばら水で角質層を柔らかくすることで、肌がクリームのメリットを
受け入れやすい状態をつくります。

まだまだ暑い日が続きます。日焼けや、オフィスで乾燥した肌を、
モロカンスキンケアでしっかりケアし、新しい季節を迎えましょう。

日々のこと

製品を選ぶ

生活を楽しむ 日々のこと イベント情報